全社的競争の勝ち方のルール



経営戦略とは
「全社的競争の勝ち方のルール」となります。

社員一丸となって経営に取り組む。

粗利益をくださるお客様を喜ばせ
利益を残し
自分の生活、社員の生活を守る。


そう思えば社長、
責任重大じゃぁありませんか。

遊んでる場合じゃありませんよ。
経営の勉強をせねばです。
勉強を。


祝日の今日、あまりに天気が良かったので
近くの公園で勉強をしようと
竹田先生のテキストをカバンにいれて
おにぎりとお茶を持って出かけたのはいいのですが

近くに競馬場があることを知り
話のネタにもなるかと思い(笑)
違う意味で新聞片手に勉強熱心な方々と一緒に
ピカピカに光る競走馬を眺めていたのでありました。

決して遊んでいるわけではありませんよ。
あくまで社会勉強、です♪


ところで、お馬さん同士の競争が
莫大なお金を生み出すんですよね。

そんな仕組みを作った人間って
凄いですね♪

お金を生む仕組み

竹田理論

 
竹田先生のご講演の中で
そういえば「ランチェスター戦略」の表現がほぼ無いなと
そんなことに気がつきました。

戦争戦略の表現は今の時代に合いません。

競争社会という表現も嫌がられます。

ランチェスター戦略でご活躍をされているコンサルタントをみて
その表現を表に出していない方のほうが
逆にひっぱりだこな感じを受けます。


私が竹田理論がとっつきやすかったのは
それがあるのかもしれません。


実はそうなんですよ。

目からウロコですよね。
 

社会貢献



先日、東京法務局に出向く用事があったので
ついでに商号調査をしてみました。

 



そこにちゃんとありましたよ。
「一般社団法人竹田ランチェスターアカデミー」。

社会のためにお役に立てていければと思います。
頑張って参ります。



一期一会

 
接客活動とは一期一会。

その瞬間が粗利益を生むかの分かれ目。



言葉一つで

相手に喜びも与え

不快感も与えてしまいます。



相手に心から喜んでもらうには。

接客をしながらそんなことを思いました。

ハガキは漢方薬


ハガキは漢方薬。

即効性は薄くとも

必ず後からじわっ~と効いてくる。




商売おもてなし講座その4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。