サンリオグッズ


最近は駅チカでも目にするようになりました。

というより自然と目に入ってしまうのか。。。



パステル調でひときわ可愛らしいサンリオグッズの販売店を見つけると

入らずにはいられなくなります。

小さい頃は女子は誰しも手にしたかと思います。

鉛筆、消しゴム、下敷き、おもちゃ。。。



私なんか未だに使っている裁縫道具入れなんかもあります。

可愛くて慣れ親しんだキャラクター。

未だに人気のあるキャラクターでもあります。

こうなれば希少価値もあるかもしれません。



サンリオグッズの商品を見るたびに思うのが

それを欲しいと思うのは

もちろんそれを使いたがる小さな女の子達でしょうけど

その本来のターゲットは

それを買ってあげる親世代だと確信します。



その親世代もそれを使っていたのは確かであり

グッズをみて懐かしさを思い

財布の紐が緩むのは間違いありません。



狙うターゲットのそのまた裏のターゲットに仕掛ける。

販売戦略とは面白いものです。

スポンサーサイト

ガチャガチャ

 
品川駅の構内にあるイベントスペースに

ガチャガチャの販売機が並んでいました。

中身は明らかに大人向けの商品が

丸いボールの中に入っています。



駅を利用するサラリーマンや学生が

間違いなくターゲットです。



ひとつ300円。

私も無駄に購入するところでした。(笑)



私が好きなのはリアルな昆虫フィギア。

かべちょろ(ヤモリ)が大好きです♪

(かわいいのがあってちょい買いするところでした。危ない、アブナイ。。。)

o0480036011623306174.jpg



他にもゆるキャラやおもしろフィギアがたくさん並び

会社のデスクにポツンと飾られるであろうことを想像させます。




フィギア制作の海洋堂

新商品を開発し続けることで

消費者の財布のヒモを緩ませます。




業種によって経済活動は千差万別。

何をどこの誰に売るのか。

全ては仕掛けであり、戦略です。



一見無駄なように思える商品も

それを手にする消費者には「心の癒し」商品にもなったりします。



品川の駅構内にちょっと異質なマーケティング戦略を

垣間見ることができました。
 
165.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。