お客様活動

お客様に好かれ 気に入られ 忘れられないようにする。 これ、お客様活動の鉄板原則。 商売おもてなし講座その1。
スポンサーサイト

人間関係の電流

 
5月の連休いかがお過ごしでしょうか。

天気も恵まれ、ご家族ご友人でお出かけになられたことと思います。



そんな遊びの中にもつい経営戦略のヒントを探してしまうのは

経営者のサガでしょうか。



いつもはサラリーマンで埋め尽くされる東京駅も

この連休ばかりは全く客層が違っていました。



そこにいるのはまさに旅行スタイルの人ばかり。

子供達や年配者がいる風景もまた休日を感じさせます。



さて、皆さんどこへ出向いていかれるんでしょうね。

思えば連休の招致合戦はずいぶん前から繰り広げられていました。



東京駅構内だとやはり北陸新幹線の開通で

金沢方面の観光地の広告がずいぶん目立ちました。



東北方面の新幹線もやたらカッコいいんですよね。

それに乗ってみたくなるポスターがあちこちに貼られています。



子供たちは乗り物が目当てで

大人たちはのんびり温泉と美味しい食事を満喫。。。



と、JRは通勤のお父さん方を徐々に洗脳し

連休は新幹線を利用いただいて

子供も大人も楽しめるその目的地へと誘われていました。




この効果を竹田ランチェスター戦略的に言うと

お客様との間に人間関係の電流が流れたと表現できます。

(顧客戦略DVD教材より引用)



昔のブラウン管テレビの電流は流れながら

付いたり消えたりを繰り返し映像を流していました。



それを竹田先生はお客様との出会いに置き換え

人間関係も電流のひとつで

常に流し続けることで忘れられることがなく

関係性が続き、それが商売につながると

それこそが究極の弱者の戦略になるとまで語られています。



さてこの連休、あなたにはどんな電流が流れていたのでしょうか。

思い起こしてみられるとそれもまた

戦略構築のヒントになるかもしれませんね。




人間学と論理学

 

竹田先生は最近よく講演の中で

経営者は人間学と論理学の両方が大切だと

お話をされます。



どちらかだけではない

バランスよく両方が必要とのこと。




先日の第一回アカデミーの後で開かれたお茶会でも

そのお話をされていました。







パーセンテージでみると

なんと人間学のほうが67%で

論理学が33%。



今まで論理学に重点をおいてきた

竹田ランチェスター経営戦略としては

私たち代理店の中でもちょっとした話題になっています。




熱意・願望は経営者としてあって当然、

理念を追求すると難しいのでそれは後、

まずは戦略と戦術、

というのが竹田理論です。


それが今になって人間学とは。。。





でも、改めてお話をお伺いすると

あぁ、、、やっぱりね、と

過去にお会いしてきた数々の経営者を思い出して

そう思いました。




結果を出している経営者は

すべてのバランスがいい方でした。



人として。

経営者として。

戦略家として。

そして男(女)として。





お人柄は顔に出て

そして言葉に出ます。



未だに人をひきつける竹田先生には

その魅力で溢れています。






>> 第2回竹田ランチェスターアカデミー <<

【開催日時】 4月6日(月)13時半~

【実践報告者】 
株式会社アームズ・エディション 代表取締役 菅谷信一さん

【開催場所】 貸し会議室 ウィズビジネスセンター
東京都中央区日本橋3-3-3 八重洲山川ビル5F
http://www.wissquare-bc.com/access/index.html

【参加費】 
ランチェスター経営代理店・塾長 3,000円
アカデミー会員 5,000円
スポット参加 8,000円
懇親会(17時~19時)はプラス4,000円

※事前振込でお願いします。(振込期限4月5日)
ゆうちょ銀行 ゼロイチハチ支店 普通 4492771
竹田ランチェスター東京事務局

▼参加お申し込みはこちらから
http://ws.formzu.net/fgen/S35078778/

▼入会お申し込みはこちらから
http://www.lanchester-academy.jp/admission/index.html

吉田松陰





竹田ランチェスターアカデミーは

松下村塾のようなものを考えています。




一方的な講義ではなく

討論を重ねながら

一緒に戦略を学んでいく形。




主催者二人もまだまだ未熟者。

ご参加頂く経営者方々のほうが現場実績も長く

戦略に長けていらっしゃいます。




開催に際してしっかりとした「志」を持とうと

幕末に松下村塾を開いておられた

吉田松陰先生の超訳本を買い求めました。





運命。

志。

覚悟。



ひとつひとつの言葉が

胸に響きます。。。



足るを知る

 
先日の竹田先生の記念講演で

はっとさせられた言葉。




「足るを知る」




儲かっている、成功しているといって

それ以上に欲を出すなと。

出せば必ず痛い目にあうよということです。




竹田先生の講演や教材での最後の決め言葉。

「弱者は調子に乗るな。」

ですね。




はい。肝に命じます。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。